10億の起業家から学んだ『売れる罠の仕掛け方』がヤバすぎた…

ビジネス

こんにちは、ぎんです。

コンテンツビジネスで10億円以上稼いできた
ベテラン起業家から教わった

『勝手に売れる罠の仕掛け方』

がヤバすぎたので
ちょっとシェアしたいと思います。

いやー、これはすごい笑

『罠』って言ってもやることは
超シンプルなので、
知ってれば誰でもできます。

この話で売上2倍とか
変わってくる人も
出るんじゃないかなーと。

もったいぶらず
話していきますね

勝手に売れる罠の仕掛け方

じゃあ結論からいきます。

ここで言う罠の仕掛け方とは、

伏線回収

です。

・・・

ポカーン。

って感じだと思います。

こっから詳しく話していきますねー。

 

伏線回収ってなんぞや??

伏線回収っていうのは、
映画とかアニメとかで
よく使われてるやつですね。

映画の前半とかで
「お?」
と思うようなシーンがあって、

後半でそのシーンの謎が全て解けて
鳥肌ああああああ!!
みたいなやつ。笑

それをビジネスに応用するんですね。

そーすると、
『勝手に売れる罠』が完成します。

 

ビジネスで綺麗に伏線回収する方法

具体的にどうやるのか?
話をしていきます。

例えば仮に、あなたが
『東京ネットビジネスハイスクール』
って名前の塾を運営してたとします。

(長いので略して『東ネット』にします)

この『東ネット』というのが
あなたの商品になります。

そしたら、
商品をオファーするまでにこの
『東ネット』というワードを至る所に
散りばめておきます。

※オファーとは?
→商品や取引をお客さんに提案すること。

例えばTwitterとかで

「私が運営してる東ネットでは〜」

って呟いたり。

自分のブログで

「東ネットの塾生さんから質問もらったので
回答していきます。」

って書いたり。

オファーするまでに
あえて『東ネット』という伏線
たくさん設置することで
これが「売れる罠」になります。

お客さんの中で、
だんだんと『東ネット』というワードが
潜在意識に刷り込まれ
どんどん気になってきます。

なので、
満を持して商品をオファーした際に
「それそれー!気になってたんだよ〜!」
となります。

けど、これがいきなり
「東ネットの塾生募集!!!どうですか?!」
とか言われても
お客さんは

「東ネット?何ソレ興味なーーい。」

ってなっちゃいます。

伏線があるか?ないか?

たったこれだけなのに
売上はリアルに2倍以上
変わってくるんじゃないかなーと。

伏線は商品名だけじゃない

ちなみに伏線ってのは
商品名だけじゃあありません。

『商品に関係するキーワード』
を散りばめることでも
伏線を張ることはできます。

例えばですね、

うーん、これ言っちゃっていいのかな、、、

まいっか。
言っちゃいましょう笑

一条ぎんがどんな罠を仕掛けてるか?
これせっかくなんで暴露していきますね。

やっぱ実例出した方が
分かりやすいと思うので。

 

一条ぎんの罠の位置、バラします。

これ言うことによって
ぼくの売上はダウンするかもですが
まあいいです。

別のところで戻します。

その分あなたが
売上アップしてください。←

暴露。注意点もあります。

ぼくは、メルマガ読者さん限定で
『THE FREEDOM』という
コンテンツビジネス全般が学べる
講座を持っています。

ぼくがこの講座をオファーの際に
使ってるキーワードとして

「自動販売機」
「コンテンツビジネス」
「売れる仕組み」

こんな言葉を入れてます。

なのでぼくは『THE FREEDOM』を
オファーするまでに
これらのキーワードを

Twitter
ブログ
ラジオ
youtube
メルマガ

とまあ至る所に
散りばめてます。

これをすることで、
オファーをする際にお客さんが
「気になってたやつだ!」
となってくれることを狙ってます。

 

と、ここで注意点が1つ。

使うキーワードは統一させましょう。

例えば同じ「自動化」という訴求でも

「仕組み化」とか
「不労所得」とか
「自動収益」とか

色んな言い方が
ありますよね。

で、細かい話
これらは全て統一した方がいいです。

普段の発信では

「仕組み化しよう。仕組み化大事。」

と言ってるのに、

商品をオファーする時にいきなり
「自動化しよう。」と言われると
伏線回収が発動しません。

『使うキーワードは統一させる』
これは重要なので
お忘れなきようー。

 

まとめ

はい。ということで今回は
「勝手に売れる罠の仕掛け方」
を話してきましたね。

まとめると、

    ◎売れる罠=『伏線回収』

    ◎商品をオファーするまでに
    『商品名』や『関連キーワード』を
    散りばめておくことで伏線になる。

    ◎使うキーワードは統一させよう

ということでしたー。

以上を踏まえて
ぼくの発信を分析するのは
くれぐれもやめてください。笑

ぜひご自身の発信に活かしてみてね〜^^

PS.

こちらの記事もオススメ↓

【期間限定】オンラインサロンへ無料ご招待



【無料】オンラインサロンの詳細はこちらから


1200円の電子書籍無料キャンペーン



今すぐ無料でダウンロード!!

手順
①メールアドレスを入力
②10秒以内にメールでお届け



ラジオ(stand.fm)

stand.fmのアプリをインストールすると、倍速再生やバックグラウンド再生が可能になるのでおすすめ。