【レビュー】サロンメンバーさんが本を出版してたので、即ポチして読んでみた!

体験記

ぎんです!

ぼくのやってる
オンラインサロン(メルマガ)に
参加してくださってる、

歌法師さんという方が
いらっしゃるんですが
先日その方とやり取りさせていただく
機会がありまして。

で、話していると
歌法師さんが

「私は、作家です。」

と仰られるんですね。

最初は「んん?」
と思ったのですが(失礼笑)

実際に出版会社からの出版経験も
あるということなので
ネットで調べてみると、

・・・

Amazon.com 『歌法師 ”風”』

・・・

・・・マジであるジャン!!!

となり、即ポチさせていただきました。

(ちなみにいつも在庫が
あるというわけではないようなので
すぐ見つけたられたのはラッキー^^)

スキマ時間とかで
ゆっくりちょっとずつ
読ませてもらおーかな!

って思ってたんですが
読み始めてみると
どんどん物語に惹き込まれていって
結局1日で一気に読破してしまいました。

アニメとかもそうなんですけど
一回その世界にハマると
抜け出したくなくなるんですよねー。

漫画とかも一回読み始めたら
最終巻まで一気読みしたくなる
タイプです。分かりますか?笑

内容が気になる方は
実際に読んでみて欲しいので
あまりネタバレになるような
ことは言えませんが、

読み終わった後の
素直な感想としては

切ねぇーーー、、、

でした。

 

目に見えない”何か”を信じますか?

基本的な登場人物は
家族と親友。

新しい土地に来て
友達がいなかった主人公が
とある場所で
”必然的に”一人の少女と出会います。

そこから一気に物語が
加速し始めるんですが、

ぼくが特に好きだったのは
『”風”に人格がある』という
この物語の世界観です。

ぼくは現実的な思考を
するタイプの人間なので、

「目に見えるものが全て。
目に見えないものは信じない。」

というスタンスで
生きて来ました。

(幽霊とか、神様とか
気とかも基本信じていません)

これ自体は、
今後も変わらないと思います。

なので自然と
目に見えない何かを信じる物語を
どっちかというと、これまで
避けてきていた傾向にあったと思います。

例えば
恋愛小説とかも
すごく好きなんですが、

『時空を越える系』よりかは
『恋人が不治の病系』とかの方が
心がグッと動くタイプです。
(マニアックすぎる例えごめんなさいね笑)

で、この本では
ぼくらの街に吹いている
『風』に人格があるということで
お話が進んでいきます。

それがね、、
いや素敵なんですよねー。

『見えない何かに心がある』

という捉え方をすることで
救われることもきっとあるし

そこから見える世界って
めちゃくちゃ変わるんだろうなー

ということを、
とっても深く感じさせられました。

 

実は勉強だけがインプットじゃない

ビジネス的な観点で言えば
感情を動かす物語って
やっぱり強いなと。

人は常に感情で
意思決定をするので

『文章だけで感情を動かせるかどうか?』

というのは売上にも大きく
関わってきます。

そういった点でも
読ませていただいて
勉強になる部分が多く
読んでよかったなぁと思いました。

あと、この仕事をしてると
良くも悪くも

『娯楽もインプット』

になったりするんですよね、笑

・映画
・アニメ
・漫画
・小説

そこから学べることとか
自分のビジネスに活かせることも
すごく多いので。

どうしてもビジネスやってると
無機質なビジネス書読んだり
しがちですが(笑)

『娯楽に触れる』
というのも自分の発信の幅を
広げてくれる大切な時間だなと
改めて感じました。

【期間限定】オンラインサロンへ無料ご招待



【無料】オンラインサロンの詳細はこちらから


1200円の電子書籍無料キャンペーン



今すぐ無料でダウンロード!!

手順
①メールアドレスを入力
②10秒以内にメールでお届け



ラジオ(stand.fm)

stand.fmのアプリをインストールすると、倍速再生やバックグラウンド再生が可能になるのでおすすめ。