24歳大学生がノリで港区ホテル暮らしを始めてみた結果…

体験記

ぎんです。

ノリで東京の港区
ホテル暮らしをはじめて
今日で6日目になりました。

ぼくは普段メグちゃん(恋人)
と同棲してるので
ホテルに永住するとかは
まあ無理なんですけど。

(毎日早く帰ってこいと言われてます笑)

とはいえ、平日5日間使って
港区ホテル暮らしするって
世間的にはわりと珍しいかな?と思うので、


・ホテル暮らしってどんな感じ?

・どんなタイムスケジュールで生活してるの?

・大学生が港区ホテル暮らしして何を感じた?

などなど。

まあ実際いい事ばっかでも無いので
現場の生の声っていうのを
お届けしていこうかなと。

ホテルのレビューでも
ステマでも無いので、
わりと面白いと思います^^

僕はゴキ○リと同棲してました

あと、ぼくは1年前まで
ゴキ○リと毎日出くわす
木造オンボロアパート

カーテンを買うお金すらなく
窓にダンボール張って
パチ屋で毎日23時半までバイトする

っていう生活送ってたんですけど

そこから1年で今
随分と生活が変わったので

・金ナシ時間ナシ経験ナシの底辺大学生から
どんな経緯で現在に至ったのか?

って部分についても
後半で話したいと思います。

この貧乏時代の話は
周りにすると結構ウケがいいので
こちらも面白いかと。笑

まあ、あんま長すぎても
読むのシンドイと思うので
サクッと3分くらいで読める
内容にしました。

カップ麺出来上がるまでの
暇つぶし程度に
読んでいただければ^^

ってなわけで本題スタートです!

場所も時間も自由ってこんな感じ

「急になんや?」
って話ですが、
ぼくはフリーランスなので
場所も時間も人間関係も基本自由です。

14時過ぎまで寝ててもいいし
ふらっとカフェに行っても
家の布団に包まって1日を終えても
誰にも怒られません。

まあちょい胡散臭いかもですが、
事実なので、笑

フリーランスの中でも
基本クライアントワークではないので
かなり自由度は高い方じゃないかなと。

で、最近は近所で仕事するのも
飽きてきたなーってことで

「ちょっと東京でホテル暮らしでも
してみよっかなー!」

と、ふと思い立ち
思い立った当日にホテル予約して
次の日にはホテル暮らしが
スタートしてました。

ちなみに一緒に住んでる恋人からは

「どこにも行くなぁっっっ!!!!」

と猛反対されました。笑

(ゴメンネスグカエリマス)

で、実際やってみてどうだっか?
って話をするんですけど、、、

 

もうね。最高。

ホテルやばい。超どタイプ。

白と灰色と木が
主なホテルの内装デザインで
中はめっちゃスッキリ綺麗。

ホテル内にあるラウンジからは
東京タワーも見える!

今もココで
この文章も書いてるんですけど
もうねー。捗る捗る。

いつもの5倍くらいは
タイピング速くなっちゃいます。
(ちょい盛りました)

しかも今はド平日なので
人も少なくて静か。

超お気に入り
スポットになりました。

ここは微妙

ただ、ホテルが空港に近いこともあって
朝早い便に乗る方の
前泊用に使われるケースも多いっぽくて。

みんな朝早くにガサゴソと
起きて出かけて行くので
「6時くらいがちょい騒がしい」
ってところがちょい難点。

それ以外はぼく好みでした。


(ちなみに夜が最高)


(屋上に行くとこんな夜景も独り占めできちゃう)

ぼくはいつも朝起きて、
ここのラウンジで
2〜3時間くらい文章書いたり

サロンメンバーさんから来てる
メールを返したりします。

その後は近くで
ちょっとご飯食べたりして
またホテルに戻ります。

午後からは、

・お昼寝したり
・本読んだり
・最近購入した教材聞いて
勉強したり

・バチェラージャパン見たり
(ドハマり中。
一度ハマったら止まらないタイプ笑)

都会の夜景が大好きなので
夜は近くの公園をお散歩したり
またラウンジに行ったりします。

そんなこんなで
1日を終えるわけですが
ホテル暮らしをしてみて
改めてすっごく強く感じたことがあって。

それを少し話します。

 

人生のストレスを減らす

ぼくは元々プロテニスプレーヤーに
なりたくてバリバリ頑張ってたんですけど
ある時から

「あーこれ無理やな。」

って感じて。

で、そこからは
特にやりたいこともなかったので

『ひとまず人生で感じる
ストレス一個づつ
減らしていってみよう』

って方向に
舵を切ってここ数年は
生きてきました。

ぼくがストレスだったのは

・1日8時間週5日の労働を強制
・大人数の場所
・狭い室内に人が密集してる場所(電車とか)
・苦手な人との関わり
・常に時間に終われる生活

もっとあるけど、大体こんな感じです。

で、これらのストレスを消すためには?
って考えていろいろ働き方とか
模索して生きてきたわけですね。

「好きなことを仕事に!」とか
「志高く!」とか

とか世の中では言われたりもしますが
ぼくはそーゆーご立派な想いとか
特になくて。

ぼくは冷たい人間なので、

・ストレスなく
・ゆるく自由に
・好きなように

生きていく。

これを実現できれば
それでいいなーと
ずっと思ってました。

その後で、何かもっと

・自分の精神削ってでもやりたいこと
・人生かけて成し遂げたいこと

が出てきたら
好きなだけやったらいい。

まずは人生を自由に
謳歌するための『地盤固め』
優先だなって。

そう思っていたので
内定をもらっていた会社の
就職を辞退して
1人でビジネスをスタートしました。

 

忘れもしない貧乏大学生時代。笑

当時はお金も時間も人脈も
何もなく。

ゴキ○リが大量発生する
オンボロアパート

一室から始まりました。

201号室だったんですけど、
もうまじでオンボロ過ぎて
誰かが階段登ったらその振動で

「え!?地震か!?」

ってな勢いでドアがガタガタッ!!
って音立てて揺れるんですよ。笑


(↑郵便ポストが無かったので自作w)

カーテンを買うお金も無かったので
ダンボールを切り張りして
カーテン代わりにしたりしてました。

それくらいの所からスタートして
今は港区でド平日5日使って
ホテル暮らし
できるくらいにはなったので
人生分からんなぁと思います。

 

「人生は選択の連続だ!」

なんて言いますが
これまさに。

大した能力も強みもなかった
ただの大学生がこうなれたのは

「選択したから」

ただこれだけで。

何を選択してきたか?
と言うと、

『学ぶこと』です。

ぼくは天才でもなければ
頭がいいわけでもない
ただの凡人なので。

    ・勉強したくない
    ・時間もお金もかけたくない
    ・なんのリスクも負いたくない
    ・とにかくラクして稼ぎたい

そんな考えで
稼げるわけもなくって。

ぼくは頭の悪い凡人だったので
個人で稼ぎたいとか
自由に生きたいとか思ったのなら
もうまずは学ぶしかなかったんですよね。

でも振り返ってみると
その選択は正しかったなと
今は思います。

「ホテル暮らししたいなー」とか
「在宅で仕事できたらなー」とか
「時間もお金も欲しいなー」とか

思うことは簡単だし
誰にでもできる。

でも、そこから
”学ぶ”という選択を取れる人は1割で。

なんとなーく
ぼんやり思って
いつの間にか忘れて。

いつしか忘れたことすら忘れて。

そうやって人生終えていくのかなって。

そう思ったら
すっごく怖かったので
少しだけ行動してみることにしました。

それがぼくの、
全てのはじまりです。

ビジネスは知識ゲーなので
知識があれば勝てるし
知識がなければ負ける。

わりと単純なんですよねー。

具体的な知識、戦略については
無料オンラインサロンの方で
垂れ流してるので、興味あればぜひ。
>>【無料】オンラインサロン(メルマガ)を覗いてみる

はい。ってなわけで
そろそろメグちゃんに
ブチギレられそうなので
帰ろうと思います…!

 

PS.

人気記事まとめてみたので
良ければ他の記事も
暇つぶしがてら読んでみてね〜^^
>>人気記事7選。まずはここから

【期間限定】オンラインサロンへ無料ご招待



【無料】オンラインサロンの詳細はこちらから


1200円の電子書籍無料キャンペーン



今すぐ無料でダウンロード!!

手順
①メールアドレスを入力
②10秒以内にメールでお届け



ラジオ(stand.fm)

stand.fmのアプリをインストールすると、倍速再生やバックグラウンド再生が可能になるのでおすすめ。