0から1年で年収3000万社長になった 女子大生、かほさんと話してみた

ビジネス

こんにちは、銀です!

今回は、
「0から1年で年収3000万社長になった
女子大生かほさんと話してみた」
ということで、

かほさんの通話コンサルを
1時間受けてみたので、
その感想を共有していきます。

今回の記事ではまず、
「どんな話をしたのか」
を軽く共有した後、

「あ、これがあるからこの人は成功したんだな」
「だから人が集まるんだな」

などなど
僕がかほさんと話す中で
学び取ったことを共有していきます。

知識より行動より大事な
「本質部分」を学んだので、
かなりおもしろい内容になってます。

コンサルの中で、
具体的に「こうしたらいいよ!」
と指摘いただいたところに関しては、

動画にしてみたので
そちらもぜひ見てみてください。

僕はお金を払ってコンサルを
受けたわけなので、
その内容を無料で見れるっていうのは
かなりお得です。笑

それではさっそく、本題です。

0から1年で年収3000万社長になった女子大生かほさんと話してみた

最初はお互い、
「はじめまして〜」
からはじまり、

お互い学生ですね〜とか
歳が近かったり
まさかの住んでる場所まで近かったりして

開始1時間前からソワソワしてたんですが、、(笑)
すごく和やかな雰囲気を作って下さいました。

それから本題のコンサルに入り、

・ターゲット心理から考える
Twitterのプロフィール作成
・興味を惹くツイートの型
・読まれる文章のリズム
・読者目線のメルマガ添削
・相手を嫌な気持ちにさせない指導方法

などなど。

1時間という短い時間で、
めちゃめちゃ濃い内容の
コンサルをしていただきました。

※この辺りはYouTubeで詳しくお話ししてますm(__)m

ではここから実際に、
僕がかほさんとお話しする中で
学び取った事をお伝えしていきますね。

1年で年収3000万は、まぐれじゃない

今回お伝えしたいことは
全部で3つあるのですが、
総じて感じたこととして、

「1年で年収3000万はまぐれじゃない」

ってことです。

・圧倒的なインプット量
・素早いトライ・アンド・エラー
・魅力的な人間性

最低限これらがあったから、
ものすごいスピードで
伸びていったのだと思いました。

「ただノウハウを詰め込めばいい」
ってもんじゃないんだなと。

というわけで、
かほさんから学んだこと、
まず1つ目です。

①聞き上手で褒め上手

かほさんは、
とにかく聞き上手で、褒め上手でした。

こっちが何か話すと、
「うんうん」
と興味を持って聞いてくれて

絶妙なタイミングで質問をくれるので
ま〜あ話しやすい。笑

ほんとにさすがだなと思いました。

そしてかほさんは、
コンサル中なにかを指摘をする前に必ず

「いや〜短期間でこれは
ほんとにクオリティ高いですね〜」

「前提としてめちゃめちゃ良い
っていうのを置いた上で〜
ここをこうするともっと良くなります」

こんな感じで
良い点をまず褒めて、
その後指摘をしてくれます。

最初に良い点を言って下さるので、
指摘も素直に聞きやすくなります。

否定されてるって感じが一切しない。

褒め方も、
定型文って感じの言葉じゃなくて

ちゃんとその人のコンテンツを見て、
良い所を見つけて褒めてるんですよね。

これって、
ビジネスの時だけ意識するとか
コンサルの時だけ意識するとか
そんな付け焼き刃でできるものじゃないと
思います。

きっと普段から、

・相手を気持ちよく話させる聞き方
・緊張させない和やかな雰囲気作り
・良い所を見つけて褒める

この辺りを
無意識の中でも意識してるんだと思います。

だからこそ、
かほさんに人が集まっているんですよね。

②常にビジネス視点

続いて2つ目は、

雑談中でも日常生活でも
「常にビジネス視点を持ってる」
ということです。

実はコンサルは1時間だったのですが、
5分ほど早く終わりそうだったので、僕が

「残り時間、雑談しませんか?」

となんとも図々しいお願いをしたところ、
快くオッケーして下さり、

そこから10分くらいですかね。
あれやこれやと雑談をさせていただきました。

「今朝はどこで何をした〜」とか
「この前起業家仲間さんとどこどこに行って〜」とか
「バイトはなにしてるんですか〜」とか

そんな話をしました。

かほさんは
そんな雑談の中でも

「なんでこの人達はここにいるんだろう?」
「このビジネスはなくならないな〜」
「残ってるビジネスっていうのは必ず理由がありますよね〜」

と、常にビジネス視点を持っていました。

僕はと言いますと、

コンサル中ということを忘れて
完っ全に雑談を楽しんじゃってたので
心の中で自分をぶん殴っておきました。←

かほさんは、日常生活でも
常にビジネス視点を持っていて、

消費者側の視点も、
提供者側の視点も持ってるんですよね。

かほさんと同じくらいの解像度の高さで
ものを見ることはできないけど、

常にビジネス視点を持つっていうのは
意識すれば誰でも出来ることなので、
今日から意識しようと決めました。

③1人を大切にする姿勢

3つ目は、
「1人を大切にする姿勢がすごい」
ということです。

かほさんくらいになってくると、
抱えてるお客さんの数も
半端ないはずだし

通話コンサルにしても、
これまでに何十回もやってきたはず。

でも、目の前の1人を大切にする
っていう姿勢がすごいなと、
素直に思いました。

・計4500字くらいあるメルマガの文章を
事前に読んできてくれたり

・流れ作業のような話し方ではなく
丁寧に相手の悩みに共感したり

・コンサル後に長文の応援メッセージを
送ってくれたり

こんな感じで、
1人に向き合う姿勢が
とにかくすごいんですね。

「そりゃあファンになっちゃうよ!」
って感じです。笑

現にコンサルが終わる時
僕、気がついたら
「これからも応援してます!!」
とか言ってましたからね。笑

いや、これだな〜と思いました。
かほさんが圧倒的な結果を出す理由は。

まぐれなんかじゃないです。

紛れもなく実力で、結果を出されてます。

これを受けて、僕が思ったこととして

結果っていうのは
「知識量×行動量×人間性」
これで生まれるものなんだと思いました。

いくら知識があっても
いくら行動量があっても
人間性が終わってる人に、人は集まらない。

内面の重要性って
ビジネスにおいては意外と軽視されがちですが、
めちゃめちゃ大事ですね。

今は「人検索の時代」
って言われてて、

サービスとか商品の
クオリティで差別化するのが
難しくなってきたから、

「この人から買いたい!」
と思ってもらわないといけない時代。

ってなった時に1番大事なのは、
小手先のテクニックとかじゃなくて

「その人から滲み出る人間性、人柄」

ここですよね。

表面だけ取り繕っても、
どっかで必ずバレます。

「なんかこの人嘘っぽいな〜」
って思われます。

そうじゃなくて、


ありのままで
等身大で
目の前の1人1人を大切にする。

これを、
「ビジネスだから」
でやるんじゃなくって、

私生活から、
誰に対しても同じ様に
これが、なにより大切だなと。

その先で、
ビジネスでも活かせるようになるんじゃないかと。

そんなことを学びました。

この記事を読んでくださったあなたも、
ぜひ意識してみてほしいなと思います。

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

動画の方では
ゴリゴリにビジネスの話ししてるので、
そちらもぜひどうぞ!
>>年収3000万の女子大生社長にコンサル受けたらボコされた話。

かほさんのブログはこちら

ではまた。

【期間限定】電子書籍無料キャンペーン



今すぐ無料でダウンロード!!

手順
①メールアドレスを入力
②10秒以内にメールでお届け



初心者の方へ





無料メルマガやってます



メルマガの詳細はこちらから